注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

冷露非秋剧情吐槽 分站1

主站http://sakuramachi.lofter.com/

 
 
 

日志

 
 
关于我

原创文字及图片禁止无授权转载及用于商业活动,谢谢合作!版权所有,盗用必究! 《剧情+吐嘈》系列与《布袋戏同人》系列,文章版权归我所用有,不可商用,截图来源于霹雳布袋戏及金光布袋戏,其他引用图片及转载文章归各自作者所有。禁止无授权转载,盗用必究!

网易考拉推荐

[试译]藤原道长介绍  

2008-06-18 15:45:16|  分类: 观后感 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 试译请不要转载

藤原道长(ふじわら の みちなが、康保3年(966年) - 万寿4年12月4日1028年1月3日),是平安时代中期的公卿。藤原兼家的五男(另说四男),母亲是摄津守藤原中正的女儿时姬。同母的兄妹有道隆、道兼、超子、诠子,异母的兄弟姐妹有道纲、僧正兼俊以及绥子(三条天皇东宫妃)。

飞黄腾达的父亲兼家成为摄政掌握权力,而且还有道隆以及道兼两位(在政治上)强有力的哥哥在,身为五男的道长也就是并不那么突出的存在,不过在兼家死后,道隆、道兼都相继接近权力的中心后病故。在政治上战胜了道隆的嫡子伊周后,道长升任左大臣成为朝政的首位。将长女彰子送入一条天皇的后宫任中宫,再把次女妍子送入三条天皇后宫任中宫。但是道长与三条天皇产生严重的对立,便以三条天皇的眼疾为由逼其退位,在彰子生下后一条天皇即位后,实现了道长成为摄政的愿望。1年后将摄政之位传给嫡子赖通以坚固继任体制,之后后把四女威子送入一条天皇任中宫,被世人惊叹“一家立三皇后”。任职为人臣之首太政大臣之后出家,不过还是持续辅佐赖通。晚年对雄伟的法成寺的营造倾注着精力。

生涯

一、从出生到青年时期

祖父师辅是村上天皇治世时任右大臣的实际权力支配者,由于女儿中宫安子是后冷泉天皇、圆融天皇的生母而以外戚的身份强化了立场。由于这个(原因),师辅家系的九条流,越过本应该作为嫡流的哥哥实赖的家系(小野宫流)而确立了优势。

道长是康保3年(966年)作为师辅的三男的藤原兼家的五男(另说四男)而出生的。

圆融天皇时代,天禄元年(970年)摄政太政大臣实赖死后由师辅的长男伊尹接任摄政之位,但是在2年后(伊尹)便突然死去了。紧接就是二男兼通与三男兼家为摄政之位而相争不下,结局是对兼通任为关白作了宣下。兼通与兼家不和,兼家度过了一段(仕途)不遇的时期。贞元2年(977年)兼通因病去世之前,对兼家作了降级(官位及官职)处理。

兼通(在生命的)最后推举了小野宫流的赖忠继承了自己的关白之位。天元元年(979年)赖忠提升兼家至右大臣,(至此)总算摆脱了(仕途)不遇的时期。在将次女诠子送入圆融天皇后宫作女御,同3年(980年)第一皇子怀仁亲王诞生了。

同年正月,15岁的道长叙从五位下,(这是他的)初次叙位。随后经侍从任为右兵卫权佐。

道长性格豪爽,《大镜》中便其年轻时的记载,父亲兼家羡慕被称为才子的关白赖忠的孩子公任,儿子们(皆)叹息道:“也许我们的孩子都到踩不到(公任的)影子吧”。道隆与道兼都没有回应,道长说道:“踩不到影子的话,那就踩(那个)表面吧”,作出了(这样的)回答。

后来父亲兼家的葬仪之际,道长对有名的武士源赖光感叹说(其)是将帅之才,(竟)亲自侍于左右。

同时,(道长)弓射熟练通达。根据《大镜》记载,后来有与对手和变成的哥哥道隆的嫡子的伊周做小弓比赛,伊周说:“如果命中的话我的女儿便可以进入最极致的宫殿睡觉”,放出的箭漂亮的命中(目标),然后道长说:“如果命中的话我就可以当关白”,(结果)命中了(目标)。据说道隆感到不高兴,使之停止了小弓比赛。

永观2年(983年)圆融天皇让位给花山天皇(冷泉天皇的皇子)。立诠子所生怀仁亲皇为东宫(皇太子)。兼家希望怀仁亲王可以早些即位。宽和2年(986年)6月,兼家与二男道兼作为阴谋活动的中心,策谋将花山天皇由内里(悄悄)带出并诱其出家退位。在这个事件里,道长向关白赖忠报告了天皇失踪的结果。

很快幼小的怀仁亲王继位,是为一条天皇。身为外祖父的兼家任摄政。兼家的儿子们(的官位)也急速升进。例如道长在永延元年(987年)叙从三位,并兼任左京大夫,翌同2年(988年)正月,经参议擢升为权中纳言。

在这之前道长便与左大臣源雅信的女儿源伦子结婚,永延2年(988年)道长的长女彰子在雅信的土御门殿诞生了。接下来就是安和之变,将(政治失利的)故左大臣源高明的女儿源明子娶为妻子。

二、与伊周相争

正历元年(990年)7月兼家去世,其长男道隆先任关白,再任摄政。同年10月,摄政道隆的女儿定子立为皇后之际,道长被任为中宫大夫。翌年任权大纳言,再叙从二位,并兼任左近卫权大将。

道隆的嫡男伊周(官位)凌驾于道长任内大臣,被目为父亲(道隆)的后继者。同时,一条天皇对于定子的宠爱也渐渐深厚,因此对身为(定子)兄长的伊周的信任也加深了。

长德元年(995年)4月,在都城赤斑疮(赤斑疮即是现在的麻疹)的流行有着猛烈的威势,公卿们一个接一个也死去了。在这其中关白道隆也病倒了,但其并不是因疫病而是因平时大量饮酒的关系。道隆请求将关白之位传于伊周,但并没有被许可,只允许在(道隆)病中作为“内览”(注:约相当于秘书)。道隆死后其弟道兼被任为关白,但是其就任后数日即因病去世,故被称为“七日关白”。

根据《大镜》记载,不仅伊周想成为关白,且一条天皇也很中意伊周。另一方面,道长认为伊周治下必天下大乱,因此决定自己成为摄关。一条天皇的母后东三条院(诠子)很宠爱弟弟道长,对于外甥伊周(却)不喜欢且(感情)疏远,于是(态度)强硬的推举了道长(作为摄政),在天皇并不想改变(任伊周为摄政的情况下),(竟)流着泪再三请求,这终于促使天皇下了决心要任命道长(为摄政)。

天皇下诏允许道长“内览”,并于9月任为右大臣以及藤原氏氏长者。道长于是与伊周的对立持续,7月时更在落座的众公卿面前发生激烈口角,之后,二人的随身在都城组成小集团引起了骚动。

同2年(996年)正月,伊周与其弟隆家因女性的关系,引起了向花法皇射箭的事件。4月因此事被暴露而(政治)失利,伊周左迁为太宰权帅,隆家被左迁为出云权守,因忧虑此事中宫定子落发为尼(后被天皇召入返宫)。(史称)长德之变。

7月,道长进升为左大臣,成为朝堂上实际的第一人。次席的右大臣一职任用了兼通的儿子显光,显光是当时因为无能而被轻视的人物。

三、一条天皇与道长

 

之后法成寺建成后被(世人)称为御堂关白(的道长),实际并没有成为关白。道长并没有“关白”职权中的裁决权,只是作为最高裁决权者的天皇的辅佐的存在。由此,天皇与道长的关系也被此所左右(表面上是道长与三条天皇关系疏远)。同时,即使是作为正式的政府的太政官中的摄政·关白职位,也有大臣不能兼任与干预的规定。据此,道长计算着若自己的孙子即位成为天皇,那么身为外祖父(的自己即使)不兼任摄政·关白,但作为太政官实际上的首席的左大臣,也可以如同关白一般,行使“内览”的权限,握有实际的最高权力。

 

长德4年(998年)道长因大病严重,而后天皇请愿出家。天皇再三挽留,不久痊愈重理政务。

长保元年(999年)11月,一条天皇的妃子(道长的)长女?彰子参内。这次参内(道长)按自己的意思制办了豪华的日用器具品作为礼品,(礼品)其中有参议源俊贤公卿们的和歌以及有擅长书法家藤原行成书法的四尺的屏风歌,(甚至)花山法皇也赠送了庆祝彰子参内的和歌。这些(送贺礼的)人中,唯有中纳言藤原实资献上的和歌被拒收。实资是小野宫流(实赖的家系)的继承者,是当时通晓“有职故实”学问的一流学者,对权势不阿谀奉承(是其)一贯的态度。

同2年2月道长立彰子为中宫,先立的皇后定子当时深受宠爱,已生下第一皇子敦康亲王,因为定子已身为皇后,道长于是欲开“一帝二后”之先河。这是没有先例的事,不过,道长以权势贯彻,又因东三条院的后援和藤原行成的逻辑武装[注:1]成为了劝导天皇计划成功的很大的帮助。如同道长所期望的,皇后定子于同年12月在生下皇女后在产褥上去世。

宽弘5年(1008年)9月,在参内后10年,彰子在道长的土御门殿生下皇子敦成亲王(即后一条天皇),翌年产下(比敦成亲王)年少一岁的敦良亲王(即后朱雀天皇)。当时(热切)期待皇子诞生的道长的狂喜被《紫式部日记》记录下来。

同8年(1011年)6月,卧病在床的一条天皇让位给东宫居贞亲王(冷泉天皇的皇子)剃发出家,随后御崩。一条天皇与道长的关系本是(互相)依赖,不过,根据《古事谈》《愚笨管抄》所载,整理天皇的遗物时发现了这样的话:“王欲正确的政治,谗言臣扰乱了国家”,(是)天皇的手书,道长(阅后)发怒弄破扔掉。

四、与三条天皇的对立

新帝(天条天皇)立4岁时的敦成亲王为东宫。长和元年(1012年)2月,道长让还是东宫时的三条天皇就参内的(道长)次女妍子立为中宫。当初,天皇拜托道长就任关白,可是道长拒绝了,继续担任“内览”。道长与三条天皇还有叔父·甥儿的关系,不过,很早失去母后超子(的三条天皇),成人之后即位成为天皇后与道长的(血缘)联带意识很薄弱,天皇期望(自己)亲自执政。(此外)还有妍子生了皇女(祯子内亲王)的事,(希望妍子产下皇子的道长)与天皇的关系逐渐恶化了。

天皇在东宫时代除妍子外还与另一位女御娍子 (故藤原济时的女儿)生下了第一王子敦明亲王,天皇决定立娍子为皇后。然而在立后的仪式上,道长却故意让妍子在(此日)进宫,(并且)缺席(仪式),诸公卿(忌惮道长的权势都)阿谀奉承(去参加妍子的参内)而没有参加立后的仪式。明智的实资决意带病与中纳言隆家一起进宫,一手承担仪式(的种种事项),不过,(立后仪式还是)成为了寂寞的仪式。三条天皇传达隐约地传达到把实资看作可依靠的人的意思,但是,贤明的实资对于这方面的事物(并不醉心),与权势家道长从未正面对抗过。

天条天皇与道长因为政见不符而争执导致政务的滞后,政局对道长有利。孤立无援的天皇在同3年(1014年)患眼疾失明,因此处理政务带来更多障碍,以此为理由,道长逼迫(天条天皇)让位。道长拥立敦成亲王即位,同时明确希望立彰子所生敦良亲王为东宫,天皇对道长逼其退位十分憎恨,为了抵抗(其行为)和为了眼疾快些痊愈,频繁的命令诸寺社进行加持祈祷。

同4年(1015年)10月,迫于让位的压力,天皇下诏允许道长任摄政一职,(并诏曰以后)除目以及委任(官员)事宜,(天皇)自己不再参与。11月,内里发生火灾事件(?)(原文:11月,新造間もない内裏が炎上する事件が起こる。),以此为由道长以强硬的态度逼迫(三条天皇)让位,三条天皇的眼疾痊愈无户,只得屈服,以立自己的第一皇子敦明亲王为东宫作为条件,确认了让位(事宜)。

同5年(1016年)正月三条天皇让位,东宫敦成亲王即位(后一条天皇)。道长被任为摄政。(随后),(按照)约定立敦明亲王为皇太子。但是,敦明亲王与道长没有亲戚关系。亲王的外公是右大臣显光,可是,(显光)没有人望,完全不能依靠,(因此)敦明亲王的外戚无法成为后盾。

五、世人看法

翌宽仁元年(1017年)3月道长将摄政与氏长者之位传与嫡男赖通,以巩固后继体制。5月三条上皇御崩,然后未至8月,敦明亲王自己提出辞退东宫之位。道长照准太上皇待遇封赠敦明亲王天皇(院号是小一条院),更将女儿宽子嫁与敦明亲王。道长希望立敦良亲王为东宫。12月,不久(道长)辞任人臣极位从一位太政大臣。(如此看来)在政治舞台上形式上的退场了,(不过道长转为幕后)对摄政赖通指点。

同2年(1018年)后一条天皇11岁时,道长的三女威子参内任女御,10月立为中宫。实资在他的日记《小右记》中感叹道:“一家立三后,(以前)闻所未闻”。威子立后之日,道长在邸宅宴请众公卿,道长即兴向实资咏一歌云“この世をばわが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば”(《小右記》原文汉文)(大意:世间之事时有圆缺,独我满月。水平有限见谅)。众公卿反复吟咏这首歌好多次,都郑重其事事作答诗,最后由实资替代全体公卿作了(道长这首歌的)返歌。道长的日记中没有记录这日宴会上自己作的歌,(而是由)被道长批判的实资的日记记录下来传于后世。

同3年(1019年)3月,(道长)因病剃发出家,半年后在东大寺受戒,法名行观(后改为行觉)。

同5年(1021年),道长的末女嬉子成为东宫敦良亲王尚侍,将来更作了(东宫的)王妃。嬉子在万寿2年生下亲仁亲王(即后冷泉天皇,摄关期最后一位天皇)后夭折(时年19岁)。

晚年(道长)倾尽精力建造壮观的法成寺。营造(寺院需)投入(大量的)资产和人力,(但)各国的国守即使推迟缴纳税收,也要争着为权门的道长服务。《荣花物语》(原文如此)记录了道长的(世所罕见的)荣耀荣华以及法成寺的壮丽(景观)。道长入住法成寺,但是有多个孩子先(道长)病弱,所以(道长)也无法安心下来(礼佛)。

万寿4年(1027年)12月4日(道长)病故。病因不明,但从记录来看不是癌症也许就是糖尿病。还有一说是死于麻疯病。道长构筑了藤原北家的全盛期,在摄关政治崩溃前只有他的子孙世世代代世袭着摄关之位,从本流中分出了五摄家和清华家(共九条大支流)中的其中三家(花山院家、大炊御门家和醍醐家)。

国宝·御堂关白记

道长33岁至56岁写的日记称为《御堂关白记》(《法成寺摄政记》),现存原本14卷,抄写本12卷,保存于京都的阳明文库。(日记中)错字及借用字随处可见,骂人的话与喜悦的言辞也直率的记录下来,由此可见道长性格中宽宏大量耿直刚直的一面。(日记中)也记录着正妻源伦子的事,(道长)称呼(源伦子)为“女房”,值得注目的是(在文中)“女房”这个称呼与现代语中的“老婆”意义相同。作为了解当时贵族的政治与生活相关的超一级史料,昭和26年(1951年)被指定为日本国宝。

人物

作为文学的爱好者道长对当时的女流文学作者紫式部与和泉式部颇为庇护,(如果)不出席内里的作文会便会催其参加在自邸举行的歌合及作文会。一般认为(道长)是《源氏物语》的第一读者,总时催促着身为局的女官紫式部要原稿(据说是期待着以自己作为原型的策略家的贵族登场)。

除家集《御堂关白集》(留存下来)之外,还有私人的《拾遗和歌集》以下的勅撰歌人(的歌集)。道长本人好像除和歌外汉诗也很擅长(对相当有名的即兴作的和歌「この世をば」也不满意,却由政敌藤原实资的《小右记》中记载流传下来)。

同时,作为政治家(的同时),也致力于整顿物价以及估价对策等(道长和实资死后,公卿不再致力于社会政策的事务,这成为被院政和武家政权夺走政治实权的原因)。ちなみに頭が薄かったらしい(此句何解?)。同时,道长对佛教的净土教信仰心很深厚,临终时被认为是在自己建造的法成寺阿弥陀堂正尊前,被请来的众多僧侣包围着,在极乐净土的祈祷仪式中迎来了最后的时刻。

官位履历

※     根据特别指示没有限度《公卿补任》的记载。日期用旧历表示。

年代     年龄      事历

天元3年(980年)   15岁     

1月7日,叙从五位下。

天元5年(982年)   17岁

1月10日,允许升殿。

天元6年以后改年号为永观元年(983年)   18岁

1月27日,任侍从。

永观2年(984年)   19岁  

  2月1日,转任右兵卫权佐。

4月14日,允许着禁色。

4月28日,东宫(即花山天皇,师贞亲王)允许升殿。

宽和2年(986年)   21岁   

2月8日,允许升殿。

6月23日,一条天皇践祚帝位,重新允许升殿。

7月23日,叙从五位上,补任藏人,任右兵卫权佐如旧。

7月27日,叙正五位下,任藏人、任右兵卫权佐如旧。

8月15日,兼任少纳言。

10月15日,转任左近卫少将,任少纳言如旧。

11月18日,叙从四位下,任左近卫少将如旧。重新允许着禁色以及升殿。

宽和3年后改年号为永延元年(987年)   22岁

  1月7日,叙从四位上,任左近卫少将如旧。

  1月27日,兼任讚岐权守。

  7月11日,兼任备前权守,卸任讚岐权守一职。

  9月4日,兼任左京大夫,任左近卫少将如旧。

  9月20日,叙从三位,任左近卫少将如旧。

  9月26日,卸任左近卫少将一职,允许佩剑。

永延2年(988年)   23岁

  1月29日,转任权中纳言,佩剑如旧。

永延3年(989年)   24岁

  3月4日,兼任右卫门督。

永延4年后改年号为正历元年(990年)   25岁

  1月7日,叙正三位,任权中纳言、右卫门督如旧。

  10月5日,兼任中宫(藤原道隆的女儿、一条天皇的中宫藤原定子)大夫。

正历2年(991年)   26岁

  9月7日,转任权大纳言,任中宫大夫如旧。

正历3年(992年)   27岁

  4月27日,叙从二位,任权大纳言、中宫大夫如旧。

正历6年后改年号为长德元年(995年)   30岁

  4月27号,兼任左近卫大将。

  5月(缺少星期日):担任内览。

  9月19日,转任右大臣,担任藤原氏长者。

  9月20日,任左近卫大将如旧。

长德2年(996年)   31岁

  7月20日,叙正二位,转任左大臣,任内览如旧。

  7月21日,任左近卫大将如旧。

  8月9日,辞任左近卫大将一职。

长和4年(1015年)   50岁

  10月27日,被任命为准摄政,任左大臣如旧。

长和5年(1016年)   51岁

  1月29日,被任命为摄政,任左大臣如旧。

  12月7日,辞任左大臣一职。

长和6年后改年号为宽仁元年(1017年)   52岁

  3月16日,辞任摄政一职,叙从一位。

  12月4日,被任命为太政大臣。

宽仁2年(1018年)   53岁

  2月9日,辞任太政大臣一职。

宽仁3年(1019年)   54岁

  3月21日,出家,法名行观。后改为行觉。

万寿4年(1027年)   62岁

12月4日,逝世。

 

系谱

再者,(为了达到升官及叙位便捷的目的,会将孙子及旁系亲属作为亲子的行为)比如作为继子和侄子,因为亲生父亲的出家和死去的道长,和与道长有姻亲关系的,(同时也是)道长后援人的源成信(致平亲王之子,伦子的外甥),(同样)道长的孙子为了晋升的方便,(在名义上)是作为道长养子的藤原信基(教通的儿子,之后的通基)和藤原兼赖(赖宗的儿子)。作同样的情况考虑和取得效果的还有,道长的同父异母哥哥道纲的亲生孩子藤原兼经和道命(四天王寺别当[2])兄弟。

注解

1、 当時,藤原氏有 :

o        东三条院诠子

o        皇后遵子頼忠的女儿,圆融天皇的皇后)

o        中宮定子

这三人都是以皇后之身出家为尼。藤原氏出身的皇后中经历过大原野祭的皇后一没有一人离世,对神明辩解不成立。行成以此为理由,编造出此际皇后增员,可以在祭祀时奉侍(神明)的逻辑,根据这个说服了东三条院和一条天皇。

2、  道命被作为养子的事被《寺门高僧记》记录下来。

 

原文:

 

 

藤原 道長(ふじわら の みちなが、康保3年(966年) - 万寿4年12月4日1028年1月3日))は、平安時代中期の公卿藤原兼家の五男(四男という説もある)で、母は摂津守藤原中正の娘?時姫。同母の兄姉に道隆?道兼?超子?詮子らがいる。異腹の兄弟姉妹として、道綱?僧正兼俊および綏子(三条天皇東宮妃)らがいる。

父の兼家が摂政になり権力を握ると栄達するが、五男であり、道隆、道兼という有力な兄がいたため、さほど目立たない存在だったが、兼家の死後に摂関となった道隆、道兼が相次いで病没して権力に近づく。道隆の嫡子伊周との政争に勝って左大臣となり朝政のトップとなった。一条天皇に長女の彰子を入内させ中宮となす。次の三条天皇には次女の妍子を入れて中宮となす。だが道長は三条天皇とは深刻な対立を生じ、天皇の眼病を理由に退位に追い込み、彰子の生んだ後一条天皇の即位を実現して摂政となる。1年ほどで摂政を嫡子の頼通に譲り後継体制を固める。後一条天皇には三女の威子を入れて中宮となし、「一家立三后」と驚嘆された。太政大臣となり位人臣を極めた後に出家するが、頼通を後見し続けた。晩年は壮大な法成寺の造営に精力を傾けている。

生涯

師輔村上天皇の治世を右大臣として支えた実力者で、娘の中宮安子が後の冷泉天皇円融天皇を生んだことで外戚として立場を強化した。これにより、師輔の家系の九条流は、本来嫡流であるはずの兄の実頼の家系(小野宮流)よりも優位に立つことになる。

道長は康保3年(966年)にこの師輔の三男である兼家の五男(または四男)として生まれた。

円融天皇のとき、天禄元年(970年)摂政太政大臣だった実頼が死去すると師輔の長男の伊尹が摂政となるが、2年後に急死してしまう。後継を二男の兼通と三男の兼家が争うが、結局、兼通に関白が宣下される。兼通と兼家は不仲で、兼家は不遇の時期を過ごことになる。貞元2年(977年)に兼通は病死するが死ぬ寸前に兼家を降格させることまでしている。

兼通の最後の推挙により小野宮流の頼忠が関白となったが、天元元年(979年)に頼忠は兼家を右大臣に引き上げてやり、ようやく不遇の時期を脱した。次女の詮子を円融天皇の女御に入れ、同3年(980年)に第一皇子懐仁親王を生んだ。

同年正月、道長は15歳にして従五位下に初叙。その後、侍従を経て右兵衛権佐となる。

道長は豪爽な性格で、『大鏡』にある若い頃の話として、父兼家が才人である関白頼忠の子の公任を羨み、息子たちに「我が子たちは遠く及ばない、(公任の)影を踏むこともできまい」と嘆息した。道隆と道兼は言葉もなかったが、道長のみは「影を踏むことはできないでしょうが、その面を踏んでやりましょう」と答えている。

後に父兼家の葬儀の際に、道長の堂々たる態度に名高い武士源頼光がこれは将帥の器であると感嘆して、自ら従うようになったという。

また、弓射に練達し、『大鏡』によれば、後にライバルとなる兄道隆の嫡男の伊周と弓比べをし、「我が娘が寝極に入るならば当たれ」と言って矢を放つと見事に命中し、伊周は外してしまう。続いて道長が「我れ摂関に至らば当たれ」と言って放つとやはり命中した。道隆は喜ばず、弓比べを止めさせたという。

永観2年(983年)円融天皇は花山天皇(冷泉天皇の皇子)に譲位。東宮皇太子)には詮子の生んだ懐仁親王が立てられた。兼家は懐仁親王の早期の即位を望む。寛和2年(986年)6月、兼家と二男の道兼が中心となって策謀を仕組み、花山天皇を唆して内裏から連れ出し出家退位させてしまう。この事件の際に道長は天皇失踪のことを関白頼忠に報告する役割を果たした。

速やかに幼い懐仁親王が即位(一条天皇)して、外祖父の兼家は摂政に任じられた。兼家は息子たちを急速に昇進させ、道長も永延元年(987年従三位に叙し、左京大夫を兼ねる、翌同2年(988年)正月、参議を経ずに権中納言に抜擢された。

これより以前に、道長は左大臣源雅信の娘源倫子と結婚し、永延2年(988年)には長女彰子が雅信の土御門殿で誕生している。続いて安和の変で失脚した故左大臣源高明の娘源明子も妻とした。

正暦元年(990年)7月、兼家が死去し、長男の道隆が後を継いで関白、次いで摂政となった。同年10月、摂政道隆の女定子立后に際し、道長は中宮大夫に任ぜられる。翌年権大納言、次いで従二位に叙して、左近衛大将を兼ねる。

道隆の嫡男の伊周は、道長を凌いで内大臣に任じられ、父の後継者に擬されていた。また、一条天皇の定子への寵愛も深く、そのために兄の伊周への信認もことの外厚かった。

長徳元年(995年)4月、赤斑瘡(「あかもがさ」今でいう「はしか」)が猛威をふるい公卿たちも次々に死去した。その最中に関白道隆も病に倒れる。これは疫病ではなく普段の大酒が原因で、道隆は天皇に後継の関白として伊周を請うが、これは許されず、病中の内覧のみが許された。道隆が死去すると、その弟の道兼に関白宣下されるが、就任わずか数日で病で死去し「七日関白」と呼ばれた。

『大鏡』などによると、伊周は自らが関白たらんと欲し、一条天皇の意中も伊周にあった。一方、道長は伊周が政治を行えば天下が乱れると考え、自らが摂関になろうとした。一条天皇の母后東三条院(詮子)はかねてより弟の道長を愛し、逆に甥の伊周を疎んじており、道長を強く推したが、天皇が考えを変えないため、涙を流して固く請い迫まり、このために遂に天皇も道長の登用を決めたという。

天皇は詔して道長に内覧を許し、次いで9月に右大臣に任じ、藤原氏長者となした。道長と伊周の対立は続き、7月には陣座で諸公卿を前に激しく口論し、その後、二人の従者が都で集団乱闘騒ぎを起こしている。

同2年(996年)正月、伊周とその弟の隆家が女性関係が原因で花山法皇に矢を射かける事件を引き起こした。ことは直ぐに露見し4月に罪を責められた伊周は大宰権帥、隆家は出雲権守に左遷されて失脚し、これを憂いた中宮定子は髪を切って尼となった(後に天皇に召されて宮中へ戻っている)。(長徳の変

7月には道長は左大臣に昇進し名実ともに廟堂びょうどうの第一人者となる。次席の右大臣には兼通の子の顕光が任じられたが、顕光は当時から無能者と軽んじられている人物だった。

後見的存在であった。このため、天皇との関係次第によってその権限は左右される性質のものであった(現に道長と三条天皇とは疎遠であった)。また公式な政府の最高機関である太政官には摂政?関白は大臣兼任であったとしても関与出来ない決まりであった。そこで、道長は自らの孫が天皇に即位して外祖父となるまでは摂政?関白には就かず、太政官の事実上の首席である左大臣と関白に近い権限を持つ内覧を兼任することによって最高権力を行使しようとしたのである。

長徳4年(998年)道長は大病に陥り、出家を天皇に願い出る程に深刻だった。天皇がこれを再三慰留し、やがて平癒して政務に復帰している。

長保元年(999年)11月、一条天皇のもとへ長女?彰子を女御として入内させる。その入内は盛大なもので、豪華な調度品が用意され、その中には参議源俊賢を介して公卿たちの和歌を募り能書家の藤原行成が筆を入れた四尺の屏風歌もあり、花山法皇までもが彰子の入内のために和歌を贈った。その中で、唯ひとり中納言藤原実資だけは歌を献じるのは拒んだ。実資は小野宮流(実頼の家系)の継承者で当時では有職故実に通じた一流の学識者で、権勢に阿らず筋を通す態度を貫いた。

同2年2月になって道長は彰子を中宮とした。先立の后に定子がおり、すでに第一皇子敦康親王を生み帝寵も深かったが、道長は定子を皇后に押し上げることで、あえて一帝二后を遂行させた。これは先例がないことであったが、道長は権勢で押し通し、また東三条院の後援と藤原行成の論理武装[1]が説得の大きな手助けとなった。道長によって望まぬ皇后にされた定子はその年の12月に皇女出産の産褥で死去している。

寛弘5年(1008年)9月、入内後10年目にして彰子は道長の土御門殿において皇子敦成親王(のちの後一条天皇)を出産し、翌年にはさらに年子の敦良親王(後の後朱雀天皇)も生まれた。待望の孫皇子が誕生した時の道長の狂喜ぶりは『紫式部日記』に詳しい。

同8年(1011年)6月、病床に臥した一条天皇は東宮居貞親王(冷泉天皇の皇子)に譲位し、剃髪出家した後に崩御した。一条天皇と道長は信頼関係にあったとされるが、『古事談』や『愚管抄』によると、天皇の遺品を整理していると「王が正しい政を欲するのに、讒臣が国を乱してしまう」という天皇の手書を見つけ、道長が怒って破り捨てたという。

長和元年(1012年)2月、道長は東宮時代の三条天皇に入内させていた次女の妍子を中宮とした。当初、天皇は道長に関白就任を依頼するが、道長はこれを断り、続けて内覧に留任した。道長は三条天皇とも叔父?甥の関係にあったが、早くに母后超子を失い、成人してから即位した天皇と道長の連帯意識は薄く、天皇は親政を望んだ。妍子が皇女(禎子内親王)を生んだこともあり、天皇との関係は次第に悪化していった。

天皇には妍子とは別に東宮時代からの女御に娍子(故藤原済時の娘)がおり、第一皇子敦明親王を生んでおり、天皇は娍子を皇后に立てることとした。ところが立后の儀式の日を道長は妍子の参内の日として欠席し、諸公卿もこれに阿って誰も儀式に参列しようとしなかった。良識者の実資が病身をおして意を決して中納言隆家とともに参内し、儀式を取り仕切ったが、寂しい儀式となった。三条天皇は密かに実資を頼りとする意を伝えるが、賢明な実資は物事の筋は通すが、権勢家の道長と正面から対抗しようとはしなかった。

三条天皇と道長との確執から政務が渋滞し、大勢は道長に有利であった。孤立した天皇は同3年(1014年)失明寸前の眼病にかかり、いよいよ政務に支障が出て、これを理由に道長はしばしば譲位を迫った。道長が敦成親王の即位だけでなく、同じ彰子の生んだ敦良親王の東宮を望んでいるのは明らかで、天皇は道長を憎み譲位要求に抵抗し、眼病快癒を願い、しきりに諸寺社に加持祈祷を命じた。

同4年(1015年)10月、譲位の圧力に対して天皇は道長に准摂政を宣下して、除目を委任し、自らは与らぬことを詔する。11月、新造間もない内裏が炎上する事件が起こる。これを理由に道長はさらに強く譲位を迫り、眼病も全く治らず三条天皇は遂に屈し、自らの第一皇子敦明親王を東宮とすることを条件に譲位を認めた。

同5年(1016年)正月、三条天皇は譲位し、東宮の敦成親王が即位した(後一条天皇)。道長は摂政の宣下を受けた。東宮には約束通り、敦明親王が立てられる。だが、敦明親王と道長には外戚関係がなく、母の娍子の生家は後ろ盾にならず、親王の舅は右大臣顕光だが、人望がなくまるで頼りにならなかった。

寛仁元年(1017年)3月、道長は摂政と氏長者を嫡男の頼通に譲り、後継体制を固めた。5月に三条上皇が崩御すると、それから程ない8月、敦明親王は自ら東宮辞退を申し出た。道長は敦明親王を准太上天皇とし(院号は小一条院)、さらに娘の寛子を嫁させ優遇した。東宮には道長の望み通りに敦良親王が立てられる。12月、従一位太政大臣に任じられ位人臣を極めるが、程なくこれを辞した。一応、政治から退いた形になるが、その後も摂政となった若い頼通を後見して指図している。

同2年(1018年)3月、後一条天皇が11歳になった時、道長は三女の威子を女御として入内させ、10月には中宮となした。実資は、その日記『小右記』に、「一家立三后、未曾有なり」と感嘆の言葉を記した。威子の立后の日に、道長の邸宅で諸公卿を集めて祝宴が開かれ、道長は実資に向かって、即興の歌「この世をばわが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」を詠んだ(『小右記』、原文漢文)。実資は丁重に返歌を断り、代わりに一同が和してこの「名歌」を詠ずることを提案し、公卿一同がこの歌を繰り返し何度も詠った。道長の日記にはこの日の宴会のことは書かれているがこの歌自体は書かれず、道長に批判的な実資の日記に書き残され、後世に伝えられることになった。

同3年(1019年)3月、病となり剃髪して出家する。半年後に東大寺で受戒をされる。法名は行観(後に行覚)。

同5年(1021年)、道長の末女嬉子も将来の皇妃となるべく、東宮敦良親王に尚侍として侍したが、嬉子は親仁親王(のちの後冷泉天皇、摂関期最後の天皇)を生んで万寿2年(1025年)に早世した。

晩年は壮大な法成寺の建立に精力を傾けた。造営には資財と人力が注ぎ込まれ、諸国の受領は官へ納入を後回しにしても、権門の道長のために争ってこの造営事業に奉仕した。『栄花物語』は道長の栄耀栄華の極みとしての法成寺の壮麗さを伝えている。道長はこの法成寺に住んだが、多くの子供たちに先立たれ、病気がちで安らかとはいえなかった。

万寿4年(1027年12月4日、病没。病名ははっきりとは分かっていないが、記録からまたは糖尿病ではないかといわれている。また一説にはハンセン病であったという説もある。道長は藤原北家の全盛期を築き、摂関政治の崩壊後も彼の子孫のみが摂関職を代々世襲し、本流から五摂家と、九清華のうち三家(花山院?大炊御門?醍醐)を輩出した。

国宝?御堂関白記

道長の33歳から56歳にかけての日記は『御堂関白記』(『法成寺摂政記』)と呼ばれ、自筆本14巻、書写本12巻が京都陽明文庫に保存されている。誤字?当て字が随所に散らばり、罵言も喜悦の言葉も素直に記してある所を見れば、大らかで直情径行な道長の気性がよく分かる。また正妻源倫子のことをすべて「女房」と表現しており、「女房」という言葉を現代語と同様の意味で用いていることが注目される。当時の政治や貴族の生活に関する超一級の史料として、昭和26年(1951年)に国宝に指定された。

紫式部?和泉式部などの女流文学者を庇護し、内裏の作文会に出席するばかりでなく自邸でも作文会や歌合を催したりした。『源氏物語』の第一読者であり、紫式部の局にやってきてはいつも原稿の催促をしていたといわれている(自分をモデルとした策略家の貴族が登場していることからそれを楽しみにしていたとも言われる)。

家集『御堂関白集』を残し、自ら拾遺以下の勅撰歌人でもある。もっとも道長本人は和歌より漢詩の方を得手としていたようである(ちなみに有名な「この世をば」の歌は本人も即興で作った歌であったために気に入らなかったとされ、『御堂関白記』などには記載されておらず、政敵?藤原実資の『小右記』に伝えられている)。

また、政治家としては估価法の整備などの物価対策などにも取り組んだ(道長や実資が死ぬと公卿が社会政策に取り組む事はなくなり、院政武家政権に政治の実権を奪われる遠因となる)。ちなみに頭が薄かったらしい。また、仏教とくに浄土教に対して信仰心が厚く、最期は自らが建てた法成寺阿弥陀堂本尊前で大勢の僧侶に囲まれ極楽浄土を祈願する儀式の中で臨終の時を迎えたとされる。

天元3年(980年)   15歳

1月7日:従五位下に叙位

天元5年(982年)  17歳

1月10日:昇殿を許される

天元6年のち改元して永観元年(983年)  18歳

1月27日:侍従に任官

永観2年(984年)     19歳

2月1日:右兵衛権佐に転任

4月14日:禁色を許される

4月28日:東宮(のちの花山天皇こと、師貞親王)昇殿を許される

寛和2年(986年)   21歳

2月8日:昇殿を許される

6月23日:一条天皇践祚により、あらためて昇殿を許される

7月23日:従五位上に昇叙し、蔵人に補任。右兵衛権佐如元

7月27日:正五位下に昇叙し、蔵人?右兵衛権佐如元

8月15日少納言を兼任

10月15日:左近衛少将に転任し、少納言如元

11月18日:従四位下に昇叙し、左近衛少将如元。禁色と昇殿をあらためて許される

寛和3年のち改元して永延元年(987年)     22歳

1月7日:従四位上に昇叙し、左近衛少将如元

1月27日讃岐権守を兼任

7月11日備前権守を兼任し、讃岐権守を去る

9月4日左京大夫を兼任し、左近衛少将如元

9月20日:従三位に昇叙し、左近衛少将如元

9月26日:左近衛少将を止むが、帯剣を許される

永延2年(988年)      23歳

1月29日:権中納言に転任し、帯剣如元

永延3年(989年)     24歳

3月4日:右衛門督を兼任

永延4年のち改元して正暦元年(990年)      25歳

1月7日:正三位に昇叙し、権中納言?右衛門督如元

10月5日:中宮(藤原道隆の娘で一条天皇中宮藤原定子)大夫を兼任

正暦2年(991年)      26歳

9月7日:権大納言に転任し、中宮大夫如元

正暦3年(992年)       27歳

4月27日:従二位に昇叙し、権大納言?中宮大夫如元

正暦6年のち改元して長徳元年(995年)     30歳

4月27日:左近衛大将を兼任

5月(日欠):内覧宣下

9月19日:右大臣に転任し、藤原氏長者宣下

9月20日:左近衛大将如元

長徳2年(996年)         31歳

7月20日:正二位に昇叙し、左大臣に転任。内覧如元

7月21日:左近衛大将如元

8月9日:左近衛大将を辞任

長和4年(1015年)     50歳

10月27日:准摂政宣下。左大臣如元

長和5年(1016年)      51歳

1月29日:摂政宣下。左大臣如元

12月7日:左大臣を辞任

長和6年のち改元して寛仁元年(1017年)      52歳

3月16日:摂政を辞し、従一位に昇叙

12月4日:太政大臣宣下

寛仁2年(1018年)        53歳

2月9日:太政大臣を辞任

寛仁3年(1019年)     54歳

3月21日:出家。法名:行観 のち、行覚と改める

万寿4年(1027年)        62歳

12月4日:薨去。

系谱:

藤原兼家

  • 母:藤原時姫(藤原仲正女)
  • 妻:源倫子(964-1053)(左大臣源雅信女、母は藤原朝忠女?穆子
  • 妻:源明子(964?-1049)(左大臣源高明女?盛明親王養女)
  • 妻:
  • 妻:藤原儼子(?-1016)(太政大臣藤原為光四女)
    • なお、養子?猶子となった者に、実父の出家?死去によって縁戚の道長が後見を務めた源成信(致平親王の子?倫子の甥)、道長の実の孫でその昇進の便宜のために道長が養子とした藤原信基(教通の子、後の通基)?藤原兼頼(頼宗の子)、同様のケースと考えられる道長の異母兄道綱の実子である藤原兼経?道命四天王寺別当[2])兄弟が挙げられる。この他に正式な縁組は無かったものの、源経房(源高明の子、明子の実弟で道長が後見を務めた)や藤原兼隆(道兼の子)もこれに准じていたと言われている。

      再者,(为了达到升官及叙位便捷的目的,会将孙子及旁系亲属作为亲子的行为)比如作为继子和侄子,因为亲生父亲的出家和死去的道长,和与道长有姻亲关系的,(同时也是)道长后援人的源成信(致平亲王之子,伦子的外甥),(同样)道长的孙子为了晋升的方便,(在名义上)是作为道长养子的藤原信基(教通的儿子,之后的通基)和藤原兼赖(赖宗的儿子)。作同样的情况考虑和取得效果的还有,道长的同父异母哥哥道纲的亲生孩子藤原兼经和道命(四天王寺别当[2])兄弟。

      脚注

      1. ^ 当時、藤原氏からは
        • 東三条院詮子
        • 皇后遵子頼忠の娘で円融天皇の皇后)
        • 中宮定子

      の三人が后として出ているが、全て出家し、尼の身であった。藤原氏出身の皇后が行うことになっている大原野祭に奉仕する皇后が一人もおらず、神に対して申し訳が立たない。よってこの際皇后を増員し、祭りに奉仕すべきである、という論理を行成が編み出し、これによって東三条院や一条天皇を説得した。

      1. ^ 道命を猶子に迎えた事は『寺門高僧記』のみに記録されている

      参考文献

      • 朧谷寿 『藤原道長―男は妻がらなり』(ミネルヴァ書房、2007年)ISBN 4623048845
      • 朧谷寿『日本の歴史6 王朝と貴族』(集英社、1991年)ISBN 4081950067
      • 土田 直鎮『日本の歴史5 王朝の貴族』(中央公論社、1973年)ISBN 4122000610
      • 北山茂夫『藤原道長』(岩波書店、1970年)

       

        评论这张
       
      阅读(701)| 评论(0)
      推荐 转载

      历史上的今天

      在LOFTER的更多文章

      评论

      <#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

      页脚

      网易公司版权所有 ©1997-2017